焼きおにぎり(醤油)(道とん堀)

おにぎり
Pocket

お好み焼きチェーン店として知られている道とん堀。

道とん堀ではお好み焼き以外のメニューも充実していますね。

 

道とん堀

ということで、今回の舞台となるのはお好み焼きチェーン店として知られている「道とん堀」

お好み焼きをはじめ、もんじゃ焼き、焼きそばなどをメインにラインナップしているお店です。

完成品が提供されるわけではなく、自分で作っていくスタイルとなっているのも特徴的。

鉄板で自分で作りながら、作る楽しみも一緒に体験ができるお店となっていますね。

こうした作るという行為も、また楽しかったりするところです。

 

焼きおにぎり(醤油)

さて、メインとなるのはお好み焼きなどの粉ものなのですが!

それ以外のメニューが充実しているのも、道とん堀の特徴。

昔は今ほどではなかったと思いますが、今はサイドメニューが非常に充実しています。

焼肉なんかも販売し始めていますからね。

そんな中で、そのサイドメニューから

焼きおにぎり(醤油)

を注文してみました。

2個1セットとなっているおにぎり。

注文すると2個セットで提供されますね~。

2個頼んだわけではありませんw

傍らについているのは、醤油であります。

この醤油を使って、焼きおにぎりの味付けをしていくという形になりますね。



作る!

道とん堀では自分で作っていくスタイル!

ということで、この焼きおにぎりも自分で作っていく必要があります。

この鉄板を利用して、早速作っていきましょう!

焼く前にちょっと中身を確認。

おにぎりは三角形をした定番の形。

中央にちょっと盛ったような形状となっていますが、これは謎です。

中身に何か入っているのかな?と思ったのですが、中身は何も入っていませんでした。

そしてこちらが味付け用の醤油。

醤油で焼いていく焼きおにぎりは、定番でもありますね~。

醤油が焼ける匂いが、これまた食欲をそそるんですよね。

それでは焼いていきます!

二つを鉄板の上に並べまして。

焼いていくのですが、タイミングがよくわかりません(-_-;)

まあ焼き目がついたころがころ合いかな?と思いながら焼いてみました。

焼き目がついたころにひっくり返す!

まだ甘いか・・・そんな感じでした。

ちょっと早すぎたかもしれませんねorz

いい感じで焼けて来たら醤油をかけていきましょう。

こうなりましたw

これは醤油を後からやるわけではなく、最初におにぎりに付けてから焼く方が良かったかもしれませんね・・・。

醤油の焼けるいい香りがしながら、焼きおにぎりが完成しました!



食べてみた!

それでは完成しましたので、頂いていきたいと思います。

いただきます!!

焦げ目がついているところがまた美味しそうですね~♪

醤油のいい香り。

食べてみるとシンプルな醤油味でありましたが、これぞ焼きおにぎり!といった王道の味。

醤油とご飯の組み合わせは、これまた最高でありますね~。

味噌でやる焼きおにぎりもありますが、やっぱり醤油が定番でいいものです。

熱々なおにぎり。

最後まで美味しくいただけました!

 

お値段

美味しいものを頂いた後は、恒例のお会計タイムです!

おいくらだったのが、見ていきましょう。

道とん堀の焼きおにぎり(醤油)のお値段は300円(税込)!!

税抜価格で273円となっていました。

まずまずの価格設定、そんなイメージの価格です。

これが1個だと高いな・・・というイメージも持ちますが、2個セットでこの価格ですからね。

ちょうどいい価格帯といいますか、これくらいはするだろうなという価格です。

ちょっと物足りない、そんな時にちょうどいいメニューではないでしょうか。



道とん堀メニューいろいろ

道とん堀では他にもいろんなメニューがあります。

お好み焼き

・プレーンお好み焼き(道とん堀)

・豚玉お好み焼き(道頓堀)

・マジ盛豚玉(道とん堀)

・超得豚玉(道とん堀)

・じゃがバターお好み焼き(道とん堀)

・お好み焼き「ソウル」(道とん堀)

・【期間限定】マジ得お好み焼きシリーズ「ウインナー玉」(道とん堀)

・【期間限定】春のてりたま豚玉(道とん堀)

焼きそば

・豚焼きそば(道とん堀)

・【期間限定】マジ得焼きそばシリーズ「ウインナー焼きそば」(道とん堀)

・【期間限定】マジ得焼きそばシリーズ「ネギ塩焼きそば」(道とん堀)

飯もの

・絶品!ガーリック焼き飯(道とん堀)

・道とん堀そば飯(道とん堀)

・【期間限定】ネギツナ焼飯(道とん堀)

・おにぎりセット(道とん堀)

野菜系

・山盛りキャベツ(道頓堀)

食べ放題

・道とん堀の食べ放題「道とん堀コース」を食べてみた(道とん堀)

・道とん堀食べ放題「道とん堀コース」Part2(道とん堀)

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました