日清カップヌードルカレー(日清)

投稿者: | 2021年7月18日
Pocket

食べ物にもいろいろありますが、中にはカップヌードルなんてものもありまして。

お湯をかけて3分となっているものも多く、手軽に食べられることから広く普及しています。

 

日清カップヌードルカレー

今回はこのブログで初登場となる「カップ麺」のお話。

最近のカップ麺は進化を遂げ、美味しくなっているものも少なくありません。

と言いながら、昔ながらのカップ麺のお話になるんですけどねw

今回の主役となるのは、日清から販売されている

カップヌードルカレー!!

であります。

昔からあるシリーズ、味のカップ麺ですね。

私も幼少期に食べたことがある、思い出もある一品です。

 

熱湯3分!

カップ麺と言えば、お湯を注いで3分待つと食べられる!

そんな不文律のおきてみたいなものがあります。

すべてがそうではありませんが、3分に設定されているものが多いですよね。

そのイメージを確立したのがこのカップヌードルシリーズ。

熱湯3分!と蓋にも明記されています。

初めてカップ麺を作ったのがこの日清であり、初めてのシリーズがこのカップヌードルシリーズなんですよね。

故にこの仕様を他のメーカーなども追従しながら、現在に至るということなのでしょう。



食べてみた!

それでは頂いた行くことにしましょう!

カップヌードルシリーズ全般がそうなのですが、かやくなどが最初からぶちまけられています。(表現よ・・・w)

別包装になっていないため、作り方もシンプルでお湯を注ぐだけとなっています。

ジャガイモ、ネギ、ニンジン、チャーシュー、カレーの素なんかが麺の上にありますね。

ここにお湯を注ぎ、3分待てば完成です!!

完成~♪

完成して蓋を開けると、カレーのいい匂いが。

これだこれ、どこか懐かしい香り。

日清のカップヌードルらしい麺も昔から変わりませんね。

カレースープのラーメンとなっているので、どこか刺激的な味。

これも昔から変わりません。

ジャガイモの存在感が大きく、他の具材と比べると群を抜いて自己主張しています!

ジャガイモ好きの私にとっては、これは嬉しいポイントでもありますね~。

どこか懐かしくもあり、美味しくいただくことができました。



カップヌードル50周年!!

今年はカップヌードルが発売されてから50周年のメモリアルイヤーだそうです。

通りで小さいころからあるわけだw

カップ麺の歴史ももう半世紀にもなるんですね。

これからも色んなカップ麺が出てくるとは思いますが、その初代であるカップヌードルも今後続けていってほしいものですね。

原点はここだ!と。

 

メーカーは日清!

カップヌードルシリーズを手掛けているのは「日清食品」です。

超有名企業の一つとなっているので、知っている~!!って方もかなりいるのではないでしょうか。

カップヌードルシリーズをはじめ、ラ王など他にも様々なカップ麺シリーズを手掛けています。

私もそうですが、昔からあるメーカーでもあるので日清のカップ麺を食べたことがあるって方も多いことでしょう。

今後も様々なものを開発し、既存品も守りながら続けていってほしいものです。

 

お値段

それでは、お値段のお話に参りましょう。

日清カップヌードルシリーズは有名シリーズでもあることから、様々なところで販売されていますよね。

コンビニ、スーパーetc。

今回はスーパーマーケットでの購入でした!

カップヌードルカレーのお値段は118円(税別)!!

カップ麺の中ではそれなりの価格がする商品となっていますが、それもブランド力なのかな?

高くても食べる人が一定数いるってことでしょうね。

 

カロリー

最後はカロリーのお話で〆たいと思います。

カップ麺って結構カロリーありそうですが、どうなっているでしょうね~。

日清カップヌードルカレーのカロリーは422kcal!!

カロリー数はそこそこ高めとなっていました。

これはある程度予想通りだったかな。

栄養バランスもそれほど良くないと言われているので、食べすぎには注意したいところですね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です