チョコバットエース(三立製菓/駄菓子/チョコレート菓子)

チョコバットエース おやつ

昔懐かしい駄菓子。

子供の頃に食べていたものがまだあるとなんだか嬉しくなりますね。

 

チョコバットエース

小さいころに食べていたものといえば、駄菓子なんてのもその一つ。

私もその昔、そうした駄菓子を食べていた一人でありました。

近所に駄菓子屋さんがありまして、そこでよく買っていた思い出。

遠足などがあると、みんなでよく行ったものでありました。

今回はそんな駄菓子の一つ

チョコバットエース

チョコバットエース

を購入してみました。

これ私が子供の頃から販売されている駄菓子だったんですよね~。

懐かしい。

特別野球が好きだったわけではないのですが、このお菓子は好きでしたw



食べてみた!

それでは早速いただいていこうと思います。

いただきます!!

チョコバットエース

開封してみると、こんな感じ。

ただのチョコレートの棒・・・みたいなイメージ。

昔からこんな感じのお菓子でありましたね~。

チョコバットエース

これを野球のバットに見立てているということになりますが、太さが均一なのでまあそれほどでも・・・。

すらっとして長くなっているお菓子でありますが、これがまた食べやすい構造でもありまして。

全体的にチョコレートがついているのですが、溶けるような気温じゃなければそれほど手につくこともありません。

チョコバットエース

暑い時期にはちょっとあれかもしれませんが・・・。

子供も大好きなチョコレートが全体を覆っており、これが甘いお菓子となっておりましてね。

チョコレートを楽しめるお菓子としても、当時好きだったことを覚えています。

チョコバットエース

中はまた別となっていて、チョコレートがあるのは周辺のみ。

ぐるりとチョコレートでコーティングしているといったイメージです。

中身はコーンバフでもなく、ちょっと堅めのもので。

チョコバットエース

ちょっと歯ごたえもあるので、そこもバットらしいところでしょうかねw

チョコバットエース

尚、当たりがあるお菓子となっておりまして、当たるとオリジナルノートをもらえる。

そんなサービスもある食べる以外の楽しみもある駄菓子なのでした。(今回ははずれ)



メーカーは三立製菓

今回はちょっと懐かしさもある駄菓子であるチョコバットエースを頂いてみました。

こうして子供の頃からあるお菓子が、今もまだ楽しめる。

これはありがたい話であり、嬉しいことでもありますね。

たべながら子供の頃を思い出したりと、思い出補正もあったりしますw

製造販売しているメーカーさんは「三立製菓」となっておりまして、子供の頃は気にもしていませんでした。

チョコバットエース

子供の頃なんて、メーカーがどことか全く関係のない話でしたからね。

美味しいか美味しくないか、それとも面白い付録がついているか・・・くらいにしか興味はありませんでしたorz

 

お値段

それではお値段のお話に参りましょう。

今回はスーパーマーケットでの購入となります。

販売店舗により価格設定もまちまちだと思いますので、参考程度にご覧くださいm(_ _)m

三立製菓のチョコバットエースのお値段は29円(税別)!!

駄菓子らしい価格帯での販売となっていましたね~。

やはり駄菓子といえば数十円での販売が定番!

今の子だったとしても、それほどお金はなくお小遣いで購入できるくらいじゃないと買えません(-_-;)

今の子たちも食べているのかな・・・。

 

カロリー

最後はカロリーのお話で〆たいと思います。

チョコレートを使っているお菓子なのでカロリーもありそうですが・・・。

そこは駄菓子、量が量なのでそこまでではないかもしれません。

実際どのくらいだったのか、見てみましょう。

三立製菓のチョコバットエースのカロリーは76kcal!!

チョコバットエース

100kcal未満ということで、やはりカロリーとしてはそこまでではなかったといった印象。

これで200とか300とかあったらヤバイですよねw



コメント