登録銘菓「つるがしま最中」を食べてみた(根岸屋/埼玉県鶴ヶ島市)

投稿者: | 2021年6月9日
Pocket

今回は和菓子のお話を一つ。

埼玉県鶴ヶ島市にあある「根岸屋」さんで販売されている最中を食べてみたお話です。

 

登録銘菓つるがしま最中

ということで、今回の主役となるのは登録銘菓「つるがしま最中」です!

つるがしまとは、埼玉県にある鶴ヶ島市(つるがしまし)に所以します。

鶴ヶ島市市内で製造販売しているので、こうした名前がついているんでしょうね。

最中専門店のようで、店内には最中ばかりが並んでいました。

こうしたお店も珍しいかもしれませんね~。

最中で勝負しよう!

その本気度が伺えるお店となっていました。

 

食べてみた!!

それでは早速ですが、頂いてみようと思います!

開封~♪

最中の表面には、鶴と松の画が描かれています。

これがつるがしま最中の所以になっているのかもしれませんね。

いずれも縁起のいいものとして、こうして最中にも描かれているのでしょう。

中の餡はつぶあんとなっています。

分解しました、すみませんww

最中の中ってこうなっているんですね~。

一つ勉強になりました、普段こうして分解することもありませんしね。

程よい甘さ、サクサクとした皮、小豆の旨みが存分に引き出されている最中は、圧巻の美味しさでした♪



製造販売は根岸屋!

つるがしま最中を製造販売しているメーカーさんは、埼玉県鶴ヶ島市にある根岸屋というお店。

和風なたたずまいになっているお店で、お店自体も雰囲気が出ていて好印象でした。

はい、写真はありませんがw

こういうところがダメなところです。

贈答品用に十数個がセットになったものや、今回購入したような個人でも購入できるように1個~も販売されています。

これは嬉しいところですね。

ちょっと最中食べたいな、でも量はいらないな。

そんなときにも重宝します。

 

お値段

最中単体1個となりますが、そのお値段はいくらくらいなのでしょうか?

あんまり普段最中を単品で買うということもないので、価格の相場もよく分かりませんが・・・w

つるがしま最中のお値段は160円(税込)!!

1個160円。

さすがにコンビニなどで販売されている最中よりは高めの傾向でした。

贈答用にもなっている最中と考えれば、それほど高いという印象もないですけどね。

相場もよく分かりませんが、これでくらいなら全然ありではないかと思います。

 

店舗情報

店舗名:根岸屋

所在地:埼玉県鶴ヶ島市大字脚折1528

営業時間:8:30~18:00

定休日:木曜日

駐車場:有 無料



登録銘菓「つるがしま最中」を食べてみた(根岸屋/埼玉県鶴ヶ島市)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 登録銘菓「つるがしま最中」餅入りを食べてみた!(根岸屋/埼玉県鶴ヶ島市) | 美味しいものを食べたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です